高齢者にもやさしい、バリアフリーの賃貸をリノベーションで実現

高齢者もあんしんして過ごせる賃貸をリノベーションが叶えます

一人暮らしの高齢者が全国的に増加傾向であり、郡山市も例外ではありません。
ずっとご家族で過ごしてきた家であっても、高齢者の一人暮らしとあっては一戸建ての管理の負担も大きくなるでしょう。
そんなとき、「オーダーメイドする賃貸」が提案するのは、リノベーションで叶えられるバリアフリーの賃貸です。

高齢者でも住みやすい賃貸をリノベーションで叶える

高齢者にも住みやすい賃貸とは、実際にどんなお部屋なのでしょうか?
まず思いつくのが、段差をなくしたり、手すりを付けるなどの体力的な補助ですよね。
今回はバリアフリーの中でも優先度の高い、階段・トイレ・お風呂のポイントをご紹介します。

階段や段差は危険が沢山!バリアフリーの最優先
階段での事故は骨折などの大ケガになりやすく、優先的にリフォームしたい箇所です。
特に踏み台が三角形になっているまわり階段では踏み外しの危険が高まります。
階段のリフォームに求められるのは、形状を変えること、踏み面の幅を広くすること、高さを20㎝以下に下げること、手すりを付けることが基本です。
また、目の悪い高齢者にとって暗い階段も事故のもとになることを意識したことはありますか?
階段には壁面に照明を設置することを強くおすすめします。
トイレのバリアフリーのポイントは出入り口
トイレは高齢になって体が衰えても、できるだけ人の手を借りずに済ませたいと誰もが思います。
和式から洋式に変更するだけでも高齢者の負担は軽減されますが、トイレのバリアフリーのポイントは出入り口です。
高齢者でも開けやすい引き戸にすることが基本であり、引き戸にできなければ必ず外開きの扉にしましょう。
内開きの扉ではトイレ内で事故が起こった時に人につかえて開かなくなってしまう可能性があるからです。
万が一に備えて鍵は外からでも開けられるものを選ぶことをおすすめします。
浴室・お風呂はくつろぎの空間を
入浴は高齢者にとっても楽しみの一つであり、身体を清潔に保ち、気分をリフレッシュできる安らぎの時間です。
その浴室では高齢者の事故が多く、くつろぎや楽しみのための場所が危険なエリアになっているのも事実です。
浴室・お風呂のバリアフリーでは「すべる」「つまずく」「またげない」「寒い」を解消する必要があります。
お風呂に使う素材を、滑りにくく水はけの良い床材に変え、浴槽と浴室の段差を少なくすることで、過ごしやすさがグッとアップします。
また、冬場は浴室と脱衣所の室温の差が激しいと心臓に大きな負担を与えます。
これはヒートショックと呼ばれ、年間で1万人以上の方が亡くなっています。
これを避けるため、脱衣所には温風暖房器を設置するなどの対策をしっかり行いましょう。

誰もが過ごしやすいバリアフリーを賃貸で叶える

バリアフリーの概念は、高齢者はもとより、妊婦や幼児、訪問してきたお客様にとっても快適な空間と安心の毎日を確保することです。
賃貸をリノベーションするからこそ、維持費の負担や大変な管理を軽減しながら、あなたが願う通りのお部屋を実現することができます。
もしも、単身または夫婦でお住まいの高齢者を親に持つ方がいらっしゃったら、ぜひ賃貸という選択肢を提案してみてはいかがでしょうか?
オーダーメイドする賃貸が、ご家族の理想を叶える部屋のお手伝いをいたしますのでお気軽にご相談ください。

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ