今すぐ真似したい!おしゃれな部屋の3つのポイント

おしゃれな部屋にリフォーム

「おしゃれだね!」「こんな部屋に住んでみたい!」と言われるような部屋に住むことは、誰もが憧れますよね。

仕事から疲れて帰ってきた部屋が居心地の良い素敵な空間なら、リラックスできて気分も上がります。

居心地の良い空間を作るためには、家具のレイアウトや置くインテリアも大事ですが、部屋全体の配色がとても重要です。

色の持つ力はとても大きく、おしゃれな部屋を作るためにはカラーをバランス良く組み合わせることが大切になります。

おしゃれな部屋を作る3つのポイント

配色は 70:25:5 に分ける!

お部屋で使用する色は①ベースカラー(基調色)②アソートカラー(配合色)③アクセントカラー(強調色)の3つに分けられます。

一般的には色数を4~5色程度に抑えて配色すると部屋全体が綺麗にまとまります。


①ベースカラー(床・壁・天井)…70%
全体の約70%を占める部屋の基本の色で、壁・天井・床などの色のことです。
全体的なイメージに大きな影響を与えるので、毎日見ても飽きの来ないベーシックな色がオススメです。
簡単に変えることが出来ない部分ですが、リフォームの際に壁や天井のカラーを変えたり、床を張り替えると部屋の全体的なイメージが変わります。
リフォームをする時には、おしゃれな部屋を目指す第一歩として壁・床・天井のカラーを変えてみましょう!
②アソートカラー(ソファなどの家具)…25%
全体の約25%を占め、お部屋の主役になる色です。
アソートアラーは比較的簡単に変えることができ、面積もそこそこ広いので個性を出すことができます。
ソファ、カーテンなどの家具は自分の好きな色、もしくは目指すお部屋のイメージ色を選びましょう。
ただしアソートカラーは同系色でまとめることが、おしゃれなお部屋づくりのポイントです!
③アクセントカラー(クッションなどの小物)…5%
全体の約5%を占め、文字通り部屋のアクセントとなる色です。
アソートカラーとベースカラーが類似色となってしまった場合に、アクセントカラーで対照的な色を持ってくると、ピリッと部屋が引き締まり、雰囲気を変えることができます。
ソフトなトーンや、メインカラーに溶け込んでしまうような色では意味がないので、小さな面積のため個性的な色や柄を使っておしゃれ楽しむことがポイントです!

賃貸に多い白い壁紙は初心者にオススメ!

おしゃれな白い部屋

日本の賃貸物件は白い壁紙が大半を占めますよね。

白は部屋の空間を広く見せてくれますし、フローリングの茶色とも相性がいいので無難なカラーです。

白は光を反射することで空間に広がりをもたせる効果を持っています。

その効果を利用して白を壁紙などの広い面積に仕様すると、部屋をより広く感じさせたり、閉塞感を軽減させることができます。

また白の壁紙のお部屋に、家具も白っぽいものでまとめると、部屋全体がスムーズでなめらかに見え、すっきりと広い印象を与えます。

白一色で壁を統一するとシンプルで清潔感があって、いろんなインテリアをコーディネートできるので、おしゃれな部屋の初心者の方にはオススメです。

観葉植物を置いて断然おしゃれ度UP!

友達の部屋に遊びに行ったとき観葉植物が置いてあるだけで、なんだかおしゃれに見えたことがありませんか?

モデルハウスやCMで見る家には観葉植物が置かれているのは、緑色があると部屋の雰囲気が良くなると感じるためです。

いきいきとした緑、元気で色鮮やかな緑は、空間全体を輝かせるとともにイメージアップに繋がります。

また緑色は癒しの色と呼ばれており、精神を安定させる効果があります。

お部屋が狭くて置くスペースがない場合には、壁に掛けて飾るタイプの観葉植物もあるので探してみてください。


観葉植物などのインテリアや小物でお部屋をおしゃれにするのももちろんですが、思い切ってリフォームで壁・床・天井をイメージチェンジしてみるのはどうでしょう!

おしゃれなリフォームをしたい!という方は、「オーダーメイド賃貸」へぜひご相談ください。

あなたのご希望、しっかり叶えます!

お客様の立場になって親身に、ベストなリフォームのご提案をさせていただきます。

スタッフと一緒に憧れのおしゃれな部屋を作りましょう!

  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ