賃貸マンションで防音リフォーム・リノベーション

マンションやアパートですと、上の階の音や隣の部屋の音が何かとうるさくて困っているということありませんか?

しかしうるさいからといってそれだけで、通常の賃貸マンションではリフォームやリノベーションなんて出来ないし、ましてや自分でリフォームなんてしてしまったらとんでもないことになりますよね。
もともと防音や遮音の壁になっているマンションだったら問題ないですが、もともとそういった物件は家賃も高く設定されていたり、音楽好きの方が入居する割合が多いものです。

そこで、リノベーション賃貸では、隣の住人の音が気になる方や、もちろん音楽好きの方、そしてペットを飼っている方のために防音・遮音壁のリフォーム・リノベーションをご用意しました。

外部から聞こえてくる雑音を遮断するだけでなく、あなたの部屋から発する音(例えば、ペットの鳴き声、大音量の音楽など)を外にもらさないことで、自分の部屋ではのびのびと過ごすことができるようになります。

賃貸マンションなどの集合住宅での生活では、いちばんご近所問題となりストレスとなる外部音。
お隣の音に悩まされる方も嫌な思いを強いられますが、クレームを付けられた方もナーバスな日々を送ることになってしまいます。
お子様や、一人暮らし、病気の方、来客の多い方など、さまざまな人が集まって暮らすマンションやアパート、音への感覚は各家庭や個人でも異なり、誰もが加害者にも被害者にもなるリスクを秘めているのです。

マンションへのお引越し、そして賃貸でもリフォームまたはリノベーションができたらなぁと思っている方は、この機会に遮音や防音対策ができる賃貸があるということを知っていただき、より快適な生活を体感してみてはいかがでしょうか。

防音・遮音・吸音リフォームの違い

◎遮音とは・・・
遮音とは、壁が音を伝えないで跳ね返す仕組み。
例えばコンクリートやガラスなど、比重が高く厚いもので音のエネルギーを跳ね返します。

◎防音とは・・・
壁が音を吸収して外部に漏らさない仕組み。
例えば、グラスウールや繊維などの素材で音を吸収します。

◎吸音とは・・・
部屋の中での音の響きをよくする仕組み。
例えば、フエルトや厚手のカーテンなどで部屋を覆うことで残響時間をコントロールできます。

壁のリフォーム・リノベーション

お隣から聞こえてくる話し声やペットの鳴き声、またはテレビの音や音楽。
これらは、コンクリート壁の厚さと仕上げによって大きく変わってくるので、壁は厚ければ厚いほど優秀といわれます。暑さでいえば、150mm以上の壁が理想です。

部屋の内装は、コンクリート壁に直接ビニールクロスなどを貼るのが良く、接着剤でボード類を貼ってしまうと、壁とボードの間の隙間で音の共鳴現象が起こってしまうので、音が大きく聞こえてしまうということもあります。
そこで壁を防音にリフォームやリノベーションするなら、湿気を防ぎ音も遮音してくれる防湿遮音シートや、遮音する下地を壁に施工するのも効果的なリフォームでおすすめです。
さらに、仕上げとして壁に吸音材を使用することによって、室内の音の響きも調節でき、音楽好きで音響にこだわりたい方には人気のあるリフォームです。

普通に存在する音ですが、とくにお隣の音は雑音に聞こえストレスになることがほとんど。ご自分の部屋に帰ってきたときくらいストレスのない空間で、聞きたい音楽だけに囲まれてリラックスできたり、可愛いペットの鳴き声が外に漏れていないかを気にしたりすることなく、賃貸であっても快適に過ごして欲しいというのが私たちリノベーション賃貸郡山の願いです。

  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ