トイレリフォームに関するみんなの相談

トイレリフォーム・リノベーション相談室

トイレリフォーム相談室

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています福島県郡山市の「オーダーメイドする賃貸」です。

今回は、皆さんが毎日使う大切なトイレのリフォームやリノベーションについてピックアップしたいと思います。
何気に落ち着くスペースでの上位に来るトイレ空間をより快適にするために、ご参考までに・・・。。

トイレリフォームやリノベーションのQA

トイレにウォシュレットを付けたいのですが、簡単に付きますか?
汲取り式トイレでしたら、ウォシュレットはお勧め出来ません。(便槽があふれる為) 普通の水洗トイレでしたら、大がかりなリフォームとまではいかなくても、トイレメーカーのウォッシュレットを取り付けられます。その際、必ずトイレ内にコンセントが必要になるので、ない場合はコンセントを取り付けるリフォームをするケースが多いです。
トイレに手すりを取付けたいのですが、簡単に付きますか?
手すりを付ける壁の材料によって、リフォームやリノベーションの仕方が変わります。 石膏ボード等の下地の場合、補強用のボードを取付けた後、手すりを取付けるようになります。 壁に直接手すりが着くかどうかは、リフォーム業者に聞いてみると良いでしょう。 トイレの手すり取り付けリフォームは、介護保険改修補助の対象にもなってます。詳しくは、「リフォーム補助金・助成金制度」でご紹介していますので、ご一読下さい。
洋式便座を変えたいと思っていますが、どんなリフォームが必要ですか?
大がかりなリフォームには至りません。便座には普通用便座と大型用便座があるので、便器の大小、色を確認してお買い求めになってください。 便座には普通便座、暖房便座、脱臭便座、お尻を洗うウォシュレッ トの便座等があります。便器の大きさの見分け方は次の通りになります。
※ 便器のふたの取り付けの穴から、便器の先端までの寸法
(470ミリ→エロンゲードサイズ、440ミリ→レギュラーサイズ)
今流行のタンクレストイレにリフォームしたいのですが、注意することはありますか?
タンクレストイレにリフォームすると、本当にすっきりしたシンプルなトイレットルームになります。 (水道の圧力が弱い所は設置出来ないタンクレストイレもあります) タンクレストイレにリフォームするときに注意する点として、手洗い器の有無が挙げられます。 今までタンクに手洗いが付いていた便器をお使いだった方は、別に手洗い器を付けなくてはいけなくなります。 部屋の大きさ及び手洗い器はどうするかを考えておくほうが良いでしょう。
二階にトイレを新たにつけたいのですが、簡単にリフォーム出来ますか?
二階にトイレを新設された方は、二階に寝室がある方が圧倒的に多いのが特徴です。
二階にトイレを新設する場合、やはり1階のトイレの上付近が配管及びトイレを流した洗浄音の関係で一番いいとされています。
押入れ辺りをトイレスペースにリフォームまたはリノベーションして利用すると、新たに部屋を作らなくても簡単にトイレが出来上がるのでおススメです。
トイレのリフォームを考えていますが、どんなリフォームが人気がありますか?
1.洗浄便座取り付けリフォーム(洗浄が常識となり今の子ども世代でも手放せない場合も多い)
2.手すり取り付けリフォーム(紙巻器一体型L型手すりも人気があります)
3.小型手洗い設置リフォーム(手洗い付きタンクよりは、使い勝手が抜群です)
4.収納ボックスリフォーム(色々な収納ボックスがあります。スペースをとらないものが人気)
5.引き戸にリフォーム(年を取ったときの安全性を考え、人気が高まっています)
和式水洗トイレから、洋式トイレにリフォームするのに、どの位費用がかかりますか?
トイレの床だけリフォーム工事して、洋式トイレを設置した場合、トイレ器具によって異なりますが約23万円ぐらいかかると言われています。
またトイレの壁や天井もリフォーム工事をすると、約33万円です。
トイレリフォームは介護保険住宅改修費の対象にもなっているので、該当される場合は手続きをすること をおすすめします。
(※便器の先端より前の壁まで、最低25cmは必要なので、トイレ室内の広さを確認して、それにあった便器を選ぶのがポイント。)
床を壊さないで、新しい便器にリフォームすることが出来ますか?
戸建住宅でしたら、排水口を便器の中で変えれる「リモデルトイレ」があります。
リモデルトイレには、今現在の便器から交換できるトイレと出来ないトイレがありますので、メーカーの適合表を参考にしてリフォームすることがおすすめです。
リモデルトイレに交換出来ない場合は、トイレ床をリフォームする必要がでてくる場合もあります。
介護保険を利用してトイレの改修リフォーム工事を考えていますが、何が保険の適用になりますか?
介護保険を利用されて、トイレのリフォームをされる方も多いです。介護認定を受けられた方が対象で、金額は20万円の一割自己負担となります。保険の適用箇所は次のとおりです。
1.和式トイレから洋式トイレへのリフォーム(便座も含む)
2.床の段差の解消のためのリフォーム
3.手すりの取り付けリフォーム
4.入口引き戸に変更するためのリフォーム

多くの方がホッとする場所に選ぶトイレ空間。
上手にリフォームやリノベーションをして、より快適なトイレタイムを手に入れるというのもまた素敵ですね。

賃貸マンションでは、すでに取り付けられているトイレですが、リフォームやリノベーション可な物件を当社では、ご用意しています。
もちろん、トイレだけに限らずリビングやキッチンなどお客様に合わせてリフォームOKなので、ご要望の方はお気軽にお問合せください。または、下記のページもご覧ください。

この記事をご覧になった方は、こちらもご覧になっています。

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ