敷金は戻ってくる?賃貸マンション退去時費用

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています「オーダーメイドする賃貸」です。

賃貸にお住まいの方にとっては退去時の自己負担になる費用については、不安が付きまとう問題ではないでしょうか? そこで今回は、賃貸マンションやアパートの退去時の費用「敷金は戻ってくるのだろうか?」または「修繕費用を請求されるのでは?」といった内容についてご紹介します。

賃貸での退去時費用:敷金は戻ってくる?

あなたが賃貸マンションの一室を借りる際に支払う「敷金」はあくまでも戻ってくるお金です。
しかし退去時に「敷金が戻ってこない」「さらに追加請求された」という退去時または退去後のトラブルは結構多いのも事実です。
敷金についてしっかり知っておき、退去時に「敷金が戻ってこない」と泣き寝入りしないしないようにしておくことが大切です。

敷金は、賃料の1カ月分~3カ月分が一般的です。また礼金と同様、引越しの初期費用として必要になってきます。
礼金は戻ってきませんが、敷金は大家さん(貸主)に保証金として一時的に預ける費用です。担保のようなものともいえます。
そして家賃の滞納がなければ、原則として敷金は退去時に「全額返還されるべき」お金なのです。

しかし、「敷金が戻ってこなかった」という方もいらっしゃるでしょう。
そういった場合は、賃貸マンションの退去時に「クロスや壁紙の張り替え費用やハウスクリーニング代など、リフォーム修繕費用を全部敷金から支払う」という、大家さんに有利な習慣を利用させられてしまったことになるでしょう。
賃貸を退去する時に敷金からリフォーム修繕費用が引かれるものということは、少なくてもおかしなことなのですが、それが長い間普通のことという観念があったのも事実です。

ですから、余程賃貸契約に違反していないのであれば、普通に生活している中でついてしまう壁紙や床などの汚れで、退去時にそれらのリフォーム修繕費用が請求されるのはおかしなことと思わなくてはなりません。
例えば、普通に生活していて賃貸契約に違反していないのに、小さなことでリフォーム修繕費用を敷金から引かれたり、敷金が戻ってくるどころか追加請求させられたりしたら、すぐに支払うのではなく、きちんとあなたが納得するまで支払わないほうがよいでしょう。
なんど話しても納得がいかない場合は、国民生活センターに相談することをおすすめします。

必要以上に敷金から引かれることなく、安心して賃貸での暮らしをするために覚えておいてください。
次回も賃貸マンションに安心して暮らせるために、大家さん負担と借主負担になる費用について、知っておいた方が良い情報をご紹介したいと思います。

この記事をご覧になった方は、こちらもご覧になっています。

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ