賃貸マンションでのペット臭対策

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています「オーダーメイドする賃貸」です。

犬や猫などのペットは大好きな家族の一員。だから自分はペットの臭いが気にならなくても、来客の時などははやりペット臭は気になるものですよね。そんな様々なペットの臭いの原因や対策、裏ワザなどをまとめました。

気になる部屋のペット臭の原因

ペットの臭いをつくっているものは何でしょうか?
人間の体臭もペットの臭いも、不快な臭いを作り出している原因は、実はほとんどが雑菌です。
例えば人間の汗、この汗は実際は無臭です。この汗に含まれる成分をエサにして雑菌が繁殖します。そして雑菌が繁殖する時、臭い分子を出してしまうのです。これが簡単な臭い発生の仕組みです。
しかし、ペットは人間のように汗はかきませんが、ペットの体から出る分泌物である便や尿さらにエサ類などが雑菌の栄養となりやすく、ペット臭といわれるニオイの原因になりやすいので狭い部屋でペットを飼うときには特に注意が必要です。

ペット臭の原因になる環境

ペット臭も人間の体臭も雑菌が繁殖しなければそもそも臭いはほとんど発生しません。
逆に雑菌が繁殖するほど臭いがつくられてしまいます。
雑菌が繁殖する環境、つまりペット臭が作られニオイがキツくなる環境とは、雑菌が好む栄養がたくさんあることと高温多湿な環境ということになります。
便や尿、エサなどがジメジメして温かい環境にあると雑菌はどんどん繁殖し、ペットにも人間にとっても、不衛生であるうえに嫌な臭いの素をつくり続けてしまいます。

賃貸などの狭い部屋でペットを飼っていたり、日中は室内にペットひとり置いてくるという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合、空気の移動が少なく、窓を開けての喚起なども出来ないため、臭いも充満してしまいがちな環境になってしまうのも言うまでもありません。

では、だったらどうしたらペット臭は軽減できるのでしょうか?

ペット臭を少なくするためには?

  • ペット用消臭剤を使用する
  • カーペットやカーテンなどの頻繁に洗濯する
  • ペット用トイレをまめに掃除する
  • ペット用の壁紙へのリフォームやリノベーション

消臭剤に殺菌剤が使用されているものは、臭いを作り出す原因である菌を殺してニオイの発生を防ごうという対策になるので大変便利です。
臭いを防ぐポイントは清潔第一なので、雑菌が発生しないように、雑菌のエサとなるもの(便・尿・エサその他)をキレイに掃除しておくことが大切なペット臭対策のポイントのひとつです。

またペット臭などの臭いは、表面積が大きいものに吸着されやすい性質があります。
例えば、活性炭や竹炭などの表面積が大きいといわれるものは、臭いがそこに吸収されやすいので、消臭剤として使われているのも多いですよね。

ペットの回りの表面積が大きいものでいえば、繊維製品があげられますが、ペット臭が大変付きやすいものになってしまいます。
そして、吸着した臭いは再び飛び出して行くときにニオイを私たちに感じさせるので、掃除をしても臭いまで取れないという方は、ペットまわりにある繊維製品の洗濯をしていないことが多いかもしれません。

タオルとかマット、カーテンなど繊維で出来た製品の匂いを嗅いでみてください。匂いませんか?
いつもペットがいる場所の近くにある繊維製品は、洗えるものは頻繁に洗うことがペット臭対策にはとても簡単な方法です。
洗うことで雑菌や雑菌の栄養になる物質も吸着した臭いも全部洗い流してしまうため、清潔な環境になり臭いを消す有効な手段なので、ペットを飼っているなら、まめにカーペットやカーテン、タオルなどの洗濯が重要ポイントです。

また、今では、ペット臭などの匂いという匂いに敏感な方のために、活性炭や竹炭入りの壁紙なども出ています。
表面積が大きく、壁紙は匂いを吸収しやすいので、竹炭などの消臭効果があるものが含まれていれば臭い対策としてかなり強い見方です。

賃貸などの狭い空間であればあるほど、臭いが抜ける通り道が少ないため、部屋の中に充満してしまうので、頻繁な繊維製品の洗濯の他にも、このうような竹炭入りの壁紙リフォームやリノベーションなども大変おすすめです。

できる対策を選んで、ぜひペット臭の少ない快適な環境を目指しましょう。

郡山市の「壁紙リフォーム・リノベーションできる!ペット可賃貸情報

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ