ペット可賃貸でのしつけ・決まりごとを知ろう

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています「オーダーメイドする賃貸」です。

ペットのしつけ・オーダーメイド賃貸郡山

今回は、ペット可賃貸でペットを飼う中での決まりごとや、結構大変なしつけについて探っていきたいと思います。

ところで、ペットのしつけは、ペット可賃貸などの集合住宅にお住まいでなくても、持ち家の方でも共通して役立つことばかりです。ペットを飼ったらしっかりしつけておけば周囲とのトラブルもなく、あなたもペットもお互いに快適に過ごすためにも必要なもの。
スパルタにしつけるのではなく、可愛いペットと楽しみながら気長に行えたらいいですね。

ペット可賃貸での決まり事って?

決まり事といっても、それぞれのペット可賃貸物件で違いますが、猫や犬などのペットを飼うことによって入居の条件が変わることがあります。例えば敷金の加算など。
そして、ほとんどのペット可賃貸となっている物件には「ペット飼育での細則」というものがあり、その内容は、賃貸マンション内でのペットの飼い方やルール、また住人とトラブルになった時の解決方法などが取り決めてありるので、よく確認しておくことがポイントです。

ペット可賃貸に限らず、人やペットが集まる場所には必ずといっていいほど、ルールがありますよね。
そのルールがあることで、決まられたことを守らなければなりませんが、他人同士ペット同士がトラブルなく過ごすには、きちんとペットの飼い方やルールを意識した生活が必要になるでしょう。

ペット可賃貸でもしつけは必要?

ペット可賃貸に入居したら、周りもペットを飼っている人ばかりです。でもだからといって、しつけや衛生面を気をつけない人がいると困ってしまいます。ペット可賃貸でもトラブルの原因になってしまうので配慮しなければなりません。

しつけはペットの行動をコントロールするためだけのものではなく、あなたの言うことをペットに理解してもらい、それにきちんと従えた時に褒めてあげることがとっても大切。ペットも満ち足りた気持ちになり、飼い主をもっと好きになると言われています。
トラブルを防ぐものとしてしつけは大切ですが、飼い主であるあなたとペットの大切なコミュニケーションでもあるので、ペットのしつけをもう一度再認識し、ペットとの快適な暮らしにして欲しいと思います。

ペット可賃貸でのしつけ例

特に気をつけたいしつけが、ペットの衛生面。これは飼い主であるあなたの日常の心がけがポイントです。
ペット可賃貸といっても、ペットの衛生面を意識していないと、部屋中ペット臭が充満してしまいます。いくらペット用の防臭壁紙にリフォームしてあっても、意識の仕方で臭いの具合が変わってくるでしょう。
日ごろから、消臭スプレーや除菌シートなどの活用、またペット用のシンクがあれば便利ですね。
そして次に、騒音問題に繋がりかねないペットの鳴き声についてのしつけです。
これはペットを飼った初期にきちんとしつけておくことが大切。特に犬の場合ですが、無駄吠えをさせない、あなたの指示に従うことなどは、ペット可賃貸だとしても最低限のしつけと考えておくと良いでしょう。

また猫の場合は、きままな性質というのもあり、犬のようにはなかなかしつけが難しい部分はありますが、発情期の鳴き声だったり、オス猫による匂い付け(スプレー、マーキング)といった分野の問題が多いです。
対策としてできることが、防臭・防音の壁へのリフォームや、去勢手術に反対でなければ、そうすることで防げるでしょう。
ペット可賃貸でも集合住宅である以上、他の人が飼っているペットまでの理解がある人ばかりとは限らないので、最低限できるしつけや対策をやってみることで、あなたもペットも楽しく暮らせることが理想です。

犬や猫のそれぞれのペットにおけるしつけや飼い方については、また次回詳しくお伝えしたいと思います。

郡山市の壁紙リフォーム可!ペット可!賃貸マンション

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ