賃貸物件VS分譲マンション

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています「オーダーメイドする賃貸」です。

賃貸物件で家賃を払い続けるのであれば、若いうちに分譲マンションを購入したほうがお得だということを耳にしますが、実際にはどれくらいお得になるのか?
今回は賃貸物件とマイホームを比較していきたいと思います。

賃貸物件と分譲マンションの比較

賃貸物件のメリット

  • 税金が掛からない。
  • 退去時のリフォーム・修繕はほぼ大家さん負担。
  • 住宅ローンなどがないので金銭面で楽でる。
  • 子供の成長などに合わせ引っ越すことが容易である。
  • 町内会や管理組合などの煩わしさが低い。

賃貸物件のデメリット

  • 個人資産になることはない。
  • リフォームやリノベーションの自由度が低い。
  • 引っ越す度に保証人などの問題が発生する。
  • 社会的信用が低めである。
  • 大家さんの都合で退去の可能性がある。

分譲マンションのメリット

  • 支払いが終われば自己資産となる。
  • 壁紙の張替えやキッチン・バス・トイレなど自由にリフォームできる。
  • 社会的な信用が得られる。
  • いざという時には賃貸・売却という選択肢がある。

分譲マンションのデメリット

  • 固定資産税などの税金がかかる。
  • 気軽に引っ越しが出来なくなる。
  • 管理費や改修費用が掛かる。
  • 長期に渡って住宅ローンを払う必要がある。

今の時代は、賃貸物件でもリフォームやリノベーションができる物件も多くなてきているので、賃貸といってもかなりの自由度が上がってきています。
将来的にまた引越す可能性があったり、長期にわたる住宅ローンや固定資産税が嫌という方、町内会や管理組合の煩わしさが嫌という方は、賃貸物件の方が気楽かもしれません。
賃貸物件も選びようによっては、ペット可だったり、リフォーム・リノベーションが勝手にできたりとまるで分譲マンションのように暮らせる物件もあるので、じっくり探してみると良いでしょう。

賃貸マンションとマイホームの支出の差

賃貸物件35年の支出

※家賃8万円で10年に1度の引っ越しを想定した場合

  • 家賃の合計:8万円×12ヶ月×35年=3360万円
  • 更新料(家賃1ヶ月分):8万円×10=80万円
  • 家財・火災保険料:1万円×35=35万円
  • 引越し費用:30万円×3=90万円
  • 敷金などの初期費用:40万円×3=120万円
  • 総合計:3685万円

分譲マンション30年の支出

※物件価格は3000万円、頭金500万円、住宅ローン2500万円の35年ローンで金利は3%です。

  • 頭金:500万円
  • 住宅ローン:3800万円
  • 管理費や修繕積立金:1万円×12ヶ月×35年=420万円
  • 家財・火災保険料:1万円×35年=35万円
  • 固定資産税などの税金:10万円×35年=350万円
  • 総合計:5105万円

さらに別途駐車場が必要な場合には毎月5000円として35年間で210万円が必要になります。

上記のような例で比較すした場合、約1500万円ほど賃貸物件が安上がりとなります。
しかし、分譲マンションは住宅ローンが終わると資産となるので、転勤などで引っ越さなくてはならなくなった場合でも、人に貸したり売ったりできるようになりますが、この頃になると、築年数も経ちリフォームやリノベーションの必要もでてくる場合が多くなるので、更なる出費は覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

あなたのライフスタイルには、賃貸物件と分譲マンションのどちらが良いかじっくり考えてみてください。

郡山市の壁紙リフォーム可!ペット可!賃貸マンション

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ