ペット可賃貸で猫を飼う「運動不足解消リフォーム」

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています「オーダーメイドする賃貸」です。

ペット用リノベーション・リフォーム例 - オーダーメイド賃貸郡山

ペットと言っても、猫や犬それぞれ性質が異なりますよね。
遊び方だったり、お手入れの仕方だったり、落ち着いて寝れる場所だったりというように。

そこで、まずは今回、猫好きの方のために、猫の性格に合う空間作りやリフォーム、リノベーションをご紹介します。

ペット可賃貸でリフォームする「猫の上下運動ができる遊び場」

猫をペットとして、賃貸での室内で飼うには、十分な運動スペースが必要です。
特に避妊去勢している猫は、運動不足による肥満が心配。
となると、家の中で楽しく遊べて運動ができる工夫がとても重要になっていきます。

猫は犬と違って、高い棚に上がったりというように、三次元で空間を活用する動物。
なので、家具の配置を変えたり、部屋の中に上下差ができる猫階段や猫棚などをリフォームして作るなど、平面だけでなく立体的に動けるような工夫をすると、狭い賃貸マンションの室内でも充分楽しめます。

猫の性質からのリフォーム・リノベーション術

猫は上下に行ったり来たりという運動を好むために、その昔、樹の上で生活をしていた動物だと誤解されることもあるようです。
しかし、猫はもともと草原の動物で、木登りは不得意だそうです。
垂直に上ることは出来ますが、降りるのは苦手。木に登ったはいいけど降りられなくて困っている猫の光景、見たことあるでしょう。

つまり、こういった猫の性質から、食器棚や本棚などの垂直に高い棚の上に登ることは避けたほうが良いということになります。
登っても降りられなく、落下事故の危険性もあるので、垂直に高いだけでなく階段状にして高いところまで行ける猫階段や猫棚を設置したり、リフォームするなどすると、猫が歳をとっても上りやすく、運動不足の解消になってとってもお役立ち!

棚の下に物を入れれるような、箱型の階段状の棚にすれば、飾り棚としても利用できるので便利なうえ、可愛く飾ってインテリアにもなるので、ペットを飼っていない時でも活用でき、愛用する方も多いものもうなずけます。

また、猫にとって危険が少なく安心出来る家だと、高い場所には行かなくなる傾向があるそうです。
高いところへあまり行かないという猫の場合でも、運動不足解消が必要。
なので、賃貸マンションの室内でも一直線に走れるような、平面に長いスペースの確保として、2部屋を広々とした1部屋にリフォームやリノベーションするというのも得策でしょう。

郡山市の壁紙リフォーム可!ペット可!賃貸マンション

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ