高齢者向け賃貸リノベーションで快適な暮らしを実現

高齢者に優しい住宅、賃貸リノベーションで快適バリアフリー生活

私たちの暮らす日本では、65歳以上の高齢者の住宅のリフォーム率が非常に高いことをご存知でしょうか?

若年層は2世代同居や中古住宅の購入に合わせてなど、「住み替え」を目的としたリフォームが市場の上位を占めているのに対し、高齢層は住宅・設備の老朽化や高齢対応など、「老後への備え」を目的としたリフォームが上位を占めています。

そういった高齢者対応のリフォームが市場の大半を占めていると言っても過言ではありません。

高齢になると足腰が弱ってきたり、体力が落ちたりと身体機能の低下が見られるため、住みやすい家が求められます。
しかし、新たに家を建てるには多額の出費を覚悟しなければなりませんし、老人ホームやグループホームへ引っ越しは、環境が変わる事に抵抗があるという意見が多いのも事実です。

そこで「オーダーメイドする賃貸」がご提案するのがリノベーションで叶えるバリアフリーの賃貸です。

新たに家を建てるほどの出費はありませんし、何よりも手すりをつけたり、段差をなくしたりと少しのリノベーションだけで、今の年齢に合った家にする事が出来ます。

住み慣れた安心できる環境、勝手知ったる我が家で快適に過ごすことが可能になるのです。高齢の方にはうれしい事ですね。

高齢者に優しいバリアフリーリノベーションで安心な快適生活をしてみませんか?

高齢でも安全で住みやすい家にしたい。安心して暮らせる快適な生活をしたい。誰もが思うことですよね。
そこで今回、住みやすい安全な家にするバリアフリーリノベーションのポイントをご紹介します。ポイントをしっかり押さえておけば安心ですね。

段差をなくして高齢者に優しく

バリアフリーリフォームの基本となるのが「段差の解消」です。
家の中の段差はもちろんのこと、家の外の段差もなくすことがつまずきや転倒などの事故を未然に防げます。

手すりをつけて安全歩行

段差の解消に次ぐバリアフリーリフォームの基本です。
階段、廊下、玄関や玄関アプローチなどに設置すると安全に歩行できるでしょう。
また、意外とあって良かったと感じられる設置場所は、浴室やお手洗いです。
足腰が弱っている方にとっては、立ったり座ったりする場所には手すりがあると、とても助かります。

開閉しやすい引き戸に交換

外開きのドアなどは、開けた時に反対側にいる人に当たってしまう可能性があり、危険です。
引き戸に変えれば開閉の際の接触事故を防げます。
また、車いすの方にも使いやすいでしょう。

断熱材利用で温度差をなくす

一般的にヒートショックと呼ばれ、冬場に暖かい部屋から寒い浴室などに移動した際に、その温度差によって血管が急変動して心筋梗塞や脳出血を引き起こす現象です。
意外とたくさんの高齢者の方々がこうした理由で亡くなっています。
こうした現象を防ぐためにも、断熱材や暖房機などを上手に利用して部屋と部屋の温度差をなくしましょう。

動線には明るさを確保する

高齢になると足腰だけではなく、視力も衰えてきます。暗く段差が見えにくい場所は思いがけない事故を招きます。
段差をなくすことが一番良いのですが、多少の段差なら照明を設置するなどして、足元を明るく照らすだけでつまずきなどの事故を未然に防げます。

滑らない素材を使用する

玄関、玄関アプローチ、廊下、浴室などが優先リフォーム箇所です。
特に浴室の床材は一番気をつけたい箇所です。お風呂は心身ともにリラックスできるくつろぎの場です。
しかし高齢者にとって浴室は足を滑らす可能性が高く、くつろぎではない危険な場所になってしまっているのも事実です。そんな事故を避けるためにも、浴室の床材は滑らないものを選びましょう。

高齢者も皆にも優しいバリアフリー賃貸で暮らす

おじいちゃんもおばあちゃんもお孫さんも、皆が安心して暮らせる賃貸。それがバリアフリー賃貸という考え方です。

賃貸リノベーションによって高齢者や妊婦さん、小さなお子さんなど多くの方に不自由を感じさせない状態を作って快適な毎日を過ごしてもらう。それが「オーダーメイドする賃貸」の願いです。

もしご高齢の身近な方がリフォームでお悩みの際には、ぜひとも「オーダーメイドする賃貸」を選択肢の一つとしてご提案ください。

高齢者に優しい、快適な毎日を過ごすためのリノベーションを、あなたに最も合ったベストな形でご提案させていただきます。

バリアフリーリノベーション賃貸で安心で快適なお部屋を手に入れましょう。

  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ