賃貸マンションのエアコンの故障・修理費は借主が負担?

より快適なペット可賃貸マンション、そして賃貸でありながら自由にリフォームできる物件の提供しています「リノベーション賃貸郡山」です。

まだまだ暑い日が続き、エアコンを使わない日がないくらいですね。そこで今回は賃貸マンションのエアコンが故障した場合、修理費は借主であるあなたなのか?それとも貸主である大家さんなのか?という疑問についてご紹介します。

賃貸マンションのエアコン故障:修理費は誰が支払うの?

賃貸マンションを決める際、賃料や初期費用はもちろん建物の築年数や間取りなどは、たいてい見学などの段階で確認し大家さんや仲介業者から詳しい説明を受け納得します。
しかし部屋を決めていざ契約という段階では、賃貸契約書の内容の確認がおろそかになりがちです。

賃貸契約書の内容の書き方が難しいという点もありますが、しっかり確認しておくことが大切になります。
賃貸マンションに備えられている設備の故障などで、借主と貸主のどちらが修理費用を払うのかなどの入居中のトラブルにつながらないようにするためと思って、賃貸契約書はしっかり把握しておきましょう。

あなたが借りている賃貸マンションの部屋に初めからついているエアコンが壊れた場合、修理するのはエアコンを使っている側である借主のあなたの責任になるのか?それとも、大家さんなどの貸主の責任なのでしょうか?

このような、賃貸マンションにもともと付いているエアコンなどの設備の修理に関してはトラブルが起こりやすいと言われるので、修理費に関するトラブルを未然に防ぐために基本的に以下のことを知っておくと安心です。

・賃貸契約書に記載してあるエアコンなどの設備は通常の使用による場合:貸主が負担

賃貸契約書に記載してある備え付けの設備は、通常の使用による場合は大家さんなどの貸主が負担します。
しかし、借り主であるあなたが使用方法を間違っていたり、過失によるエアコンの使い方をしていた場合は、借りている側の負担になるので注意しましょう。

約款によって貸主の負担となるものと借り主が負担しなければならないものとがあるので、あらかじめエアコンなどのもともとある設備の修理等についての約款を把握しておくことが大切です。

・契約時に「修繕義務の範囲」を確認しておこう!

賃貸契約書を確認せずに、貸主である大家さんに連絡するのが億劫で、自分で修理してしまったなどということはありませんか?
本来大家さんが負担するはずのエアコンなどの修理費用を借主であるあなたが負担してしまっては、大変です。
結構な額の費用が出る場合もあるので、必ず賃貸契約書の「修繕義務の範囲」を確認しておくことが大事です。

賃貸マンションにもともと備え付いているエアコンなどの修理費用について、入居前に確認していない場合でも、きちんと契約書に記載してあれば修理に関するトラブルにならないですみます。
万が一、自分で備え付けたエアコンではないのに、修理費用が借主負担となっていては、そういう契約をして入居してしまったことになるので、次回からは賃貸契約時に確認しておきましょう。

 
  • プチリノベーション
  • こだわりリノベーション
  • ペット向け賃貸リフォーム
  • バリアフリー・シニア向けリフォーム
  • 貸家・借家リフォーム
  • オフィス・店舗向けリフォーム
オーダーメイドする賃貸ホームページのトップへ